ごあいさつ

ごあいさつ

くま川鉄道は、大正13年3月末に開通した、国鉄「湯前線」から始まり、昭和62年3月特定地方交通線に選定され、廃線の危機を迎えましたが、沿線の高校生の大事な足として、平成元年10月に、人吉球磨の市町村と、民間の出資による、いわゆる第三セクター方式により、くま川鉄道として新しく開業いたしました。
 利用客の8割が沿線の高校に通う通学生で、近年は少子高齢化の影響で年々利用人員は減り続け、開業時の約半分までとなっておりますが、開業時に新駅として誕生した「おかどめ幸福駅」は、日本で唯一「幸福」の名前が付く駅として、観光のお客様が訪れ、幸福行き列車としてお客様も多く、平成26年の新型車両導入時には、観光列車仕様の「田園シンフォニー」5両が運行し、地域の方々が駅や車内でおもてなしを行う観光列車は、国内、海外のお客様も多く利用されるようになりました。

令和2年7月4日人吉球磨地方を襲った集中的な豪雨は、一瞬にして壊滅的な被害をもたらし、くま川鉄道も球磨川第四橋りょう流失、保有する車両5両すべてが浸水、線路等の流失により、長期間の運休を余儀なくされ、全区間代替バスによる輸送する期間が続きました。
被災して1年4ヶ月が経過し、多くの皆様のご支援を頂き、令和3年11月28日、肥後西村~湯前区間において部分運行を再開することができた事は、疲弊した人吉球磨地域のみなさんの大きな希望となり、沢山の笑顔を見る事ができました。

全線開通までにはまだまだ時間がかかりますが、一日も早い全線復旧を目標に、社員一同がんばってまいりますので、今後とも皆様の温かいご支援、ご協力の程どうぞよろしくお願い申し上げます。

令和4年4月吉日
くま川鉄道 社員一同